ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

唐木元『新しい文章力の教室』書評

全てのライター・編集者必読の書。

守破離の守がすべて詰め込まれている。

文章を書くとき、毎回参照したいし、定期的に読み返したい。

 

若林恵『さよなら未来』書評

なかなか読書に時間が割けない中、スキマ時間で読み進めてようやく読了。

 

とにかく心躍るエッセイ集。

多様なテーマを扱いながらも、その根底に貫かれる人文知への深いリスペクト。

「未来」「テクノロジー」「イノヴェーション」といった言葉への違和感。

 

人文知を基盤にビジネス・テクノロジーを考える。まさしく自分が目指していきたい姿そのもの。今後も定期的に読み返したい。

 

あと、『WIRED』のバックナンバーも読んでみたい。

 

根津孝太『カーデザインは未来を描く』書評

オンラインサロンに向けて再読。

 

読むたびに、車というプロダクトの面白さを実感する。社会を映し出す鏡。

 

いつか、今の社会にはびこるWebサービスやアプリについて、こんな論考を書いてみたい。書けるようになりたい。

 

これの家電版とかも読んでみたい。

橘宏樹『現役官僚の滞英日記』書評

現役官僚の橘氏がオクスフォード留学した際に感じたことをまとめた記事。

 

ただイギリスを持ち上げて日本を卑下するのではなく、取り入れられるところ/取り入れられないところを峻別しようする知的姿勢が素晴らしい。

 

エリートとは何か、を改めて考えさせられる。

 

あと装丁がとても綺麗。

堀江貴文・落合陽一『10年後の仕事図鑑』書評

だいぶ前に読んだ。

 

堀江さん・落合さんが普段論じていることがコンパクトにまとめられている入門編的な本。

 

各論を掘り下げたような本も読んでみたい。

秋元康『企画脳』書評

2時間程度で読める本。

 

結局言いたいことは2つで、

・普段から日常のあらゆることに興味を持ち、頭の中にストックすべし

・予定調和ではなく、世間の潮流から逆張りすべし

の2つ。

 

ある意味、秋元康がいかに戦略的にコンテンツを生み出しているかがわかる。

前田裕二が、「秋元さんはアーティストではなく、徹底してマーケッター」と言っていたが、その意味がわかった気がした。

 

Youtubeに上がっている密着ドキュメンタリーも併せて観ると理解が深まるのでオススメ。

宇野常寛『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』書評

宇野さん入門編といった感じの本。

他の著書でがっつり論じられているトピックが、講義形式でかなり噛み砕いて述べられている。

 

宇野さんの著書に慣れ親しんでいる人にとっても、復習という意味で有効。

また中には、少年誌論やオカルト論など、他の著書ではさらっとしか触れられていないテーマについて詳しく述べられている部分もあり新たな発見もあった。

 

カリフォルニアン・イデオロギーの時代だからこそ、かつての藤子F不二雄が持っていたような虚構的想像力が必要となる、そのことを再認識させられた。