ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、日々の雑感、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

2018-10-21から1日間の記事一覧

乙武洋匡『車輪の上』書評

乙武さんの新作。 なんか、『五体不満足』以来だとか。 「障がい者」というレッテルを、そのイメージから最も遠い「ホスト」とぶつけてみたらどうなるか試した思考実験。 乙武さんが書いているだけあって、かなりリアルに感じた。 そして結論はやはり、「障…

ケヴィン・ケリー『テクニウム』書評

だいぶ時間がかかってしまったが、ようやく読み終えた。 テクノロジーという言葉に対して持っていた、ある種のハイテク性のようなイメージが払拭された。テクニウムは生態系。特別なものではない。またいつか読み返したい。 また、自分の興味関心を見直すき…