ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、日々の雑感、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

國分功一郎『暇と退屈の倫理学』書評

先週書きかけた『僕が「女遊びしてこそ男は一人前だ」的な価値観が嫌いな理由』という論考ですが、なかなか書き進める時間が取れず、続きが書けていません...

ただこれは僕にとってかなり大事なテーマの一つなので、できれば今月中には続きを書きあげたいと思っています。(あくまでも希望的観測ですが...)

 

さてそんな宿題が溜まっている状況ではあるのですが、忘れないうちに今日読了した本の書評を。

最近影響力を高めつつある哲学者・國分功一郎先生の代表作、『暇と退屈の倫理学』です。

最新刊『中動態の世界』で話題沸騰な國分氏ですが、こちらもなかなか面白そうなので買って読んでみました。(『中動態の世界』はまだ読んでいません。近いうちに読みたいとは思っていますが。)

そしたら、かなーり面白い本でした。。。

 

 内容のざっくりとしたまとめ

この本は、「人間はいかに退屈と暇に向き合っていくべきか」について徹底的に考え抜かれた本です。

この問いについて、人類学・経済学・生物学・哲学など幅広い視点から考察がなされています。(もっとも國分氏は哲学者なので、哲学的視点のウエイトが重めではありますが。)

 

結論から言うと、國分氏は上記の問いについて以下2つの結論を出します。

 

まず一つは、贅沢=浪費をすること。

消費ではなく、浪費。

本来ないはずの欲望を恣意的に作り出され、観念を消費するがゆえに終わりがない消費をするのではなく、日常をお腹いっぱい浪費すること。

つまり、日常に潜むさまざまな事象を目いっぱい楽しむこと。

<人間であること>を目いっぱい楽しむこと。

 

そしてもう一つは、<動物になること>。

それは即ち、考えさせられる機会を積極的に求めていくこと。

考えさせられる機会を待ち構えること。

 

他にも、以下のような面白い論考が繰り広げられていた。

・「退屈」の起源は「定住革命」にある

・人間は動物に比べて比較的環世界移動能力が高い

ハイデガーを引き、「退屈」をざっくり三種類(実は二種類)に定義

 

等々。

 

雑なまとめですみません。笑

ちゃんと理解したい!って人は是非読んでみてください。

 

読んで考えたこと

 この本は上記の通り、要は、「普段の自分の生活に不満を持ってつまんないとか文句言うんじゃなくて、普段の生活を一つ一つ丁寧に楽しんで、かつ刺激=考えるきっかけへのアンテナを張り続ければ、けっこう楽しく生きられるんじゃないの?」っていうことを言っている本だと思われる。

 

これは最近読んだり触れたりしたものとかなり共通することを言っており、驚いた。というより、これだけ色んな人が同じことを言っているのだから、これが大きな物語のない現代を生き抜くための一つのアンサーへの入口なのかなとも思った。

 

例えば、日常を丁寧に楽しめという主張は、宇野常寛氏が『リトル・ピープルの時代』『母性のディストピア』で繰り返し主張している、「外部=ここではないどこかを求めるのではなく、内部=いま、ここに深く潜ってハッキング的に生きろ」というテーゼと同じことを言っている。

さらにはこれは、『ひよっこ』で岡田惠和が描いた、「やりたいことがなくても、擬似家族的共同体のもとで日常を丁寧に生きることで幸せになれる」という世界観とも全く同じである。

 

また、「日常を丁寧に楽しみつつもかつ刺激=考えるきっかけへのアンテナを張り続けろ」という主張は、千葉雅也氏が『勉強の哲学』で主張した、「一つのノリに入りつつも、他のノリを比較し続けろ」という主張と通底している。(最も、國分氏・千葉氏ともにドゥルーズからの影響を受けていることを考慮するとこれは当然かもしれないが)

 

これらの主張には概ね同意するが、二点問題点があると思う。

一つは、外部=ここではないどこか、大きな物語に従って生きることの快楽からいかにして逃れるか、という問題である。

本書で言われているハイデガーの退屈の第一形式は、盲目的かもしれないが間違いなく快楽が大きい。

その快楽が時に暴力性を孕むことを自覚しながらも、つい浸ってしまう。

これにどう抗っていくか、そこがもっと示されると面白い。

 

そしてもう一点は、「丁寧に日々の生活を楽しむ」ことを具体的にイメージすることの難しさである。

僕はこうした生き方の重要性・有用性を頭ではわかっていながら、身体感覚で具体的にイメージしきれず、苦しんでいる。

ただここに絞った論考は容易に陳腐な胡散臭い本になりそうだということもイメージできる。(「ていねいな暮らし」みたいな怪しい本になるだろう。)

陳腐にならずに、以下にここに具体的なイメージを与えるか。

この壁を越えた時、また違った世界が見えるのかなと思った。(そもそもこうした考え方自体が、外部依存的なのかもしれないが...)

 

今日のところはここで終わりにします。

非常に面白く、自分の考えも再整理された本でした。

『中動態の世界』も早く読んでみたいです。