ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

大塚雄介『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』書評

新年一発目の書評。

国内最大級の仮想通貨取引所「coincheck」を運営するコインチェック株式会社の創業者である大塚雄介が、ビットコインブロックチェーンの仕組みについて基礎から解説した本です。

少額ながらも仮想通貨投資をはじめることにしたので、その下準備として読んでみました。

今までふわっとしか理解できていなかった仮想通貨とブロックチェーンの仕組みがしっかりと理解できるようになった良書でした。

仮想通貨に投資する意思の有無に関わらず、読んでおいて損はないと思います。

 

 

個人的には、投資対象としてというより、決済手段としてもっと仮想通貨が広まって欲しいという思いを強くしました。(というよりそちらが仮想通貨の本来の役割なはずです。)

この本を読むと、持ち歩くリスクや送金時の振り込み手数料の高さなど、現金の持つデメリットがよくわかります。

 

ビットコインがラディカルな民主主義やリバタリアニズムなどの思想に基づいているという話も面白かったです。

インターネットが、その黎明期には自由と民主主義の可能性を広げてくれるツールだと期待されたことを彷彿とさせます。

 

また、以下のPLANETSの対談番組の内容も思い出しました。

【イベント生中継】イケダハヤト×中村洋基×前田裕二×宇野常寛×司会・堀潤「評価経済は社会をどう変えるのか」 - niconico

詳しくは動画を観ていただきたいのですが、勤務先企業や年収しか評価基準がなかった時代から、仮想通貨を前提としてより多様な評価基準が生まれてくるこれからの時代の展望が語られています。

先ほどの背景思想の話ともつながりますが、多様な人々がみな幸せに生きていける多文化主義的理想を実現するには、仮想通貨とブロックチェーンというテクノロジーは不可欠なのかもしれません。

そういった観点から読んでみてもまた面白い本です。

 

読書メモ

<PART 1>
ビットコインの特徴は、
・アナログな現金とは異なる「デジタル通貨」である
・特定の国に属さない「国際通貨」である
・特定個人による一元管理がされない「分散型通貨」である

クレカとの違いは、
・借金じゃない
・店側が負担する手数料が1%と低い
・カード情報を抜き取られるリスクがない

電子マネーとの違いは、
・物理的なカードがない
・国境がない
・円やドルの代替ではなく、独立した通貨

ポイントやゲーム内通貨との違いは、
・ポイントは売買や譲渡が禁じられている
・ゲーム内通貨の発展形ともいえるが、「実際のモノを買える」という点が決定的に違う

ビットコインの入手方法は、
・外貨同様買う
・誰かからもらう
・マイニング

ビットコインを使うメリットは、
・為替リスクの回避先
・投資対象

ビットコインの価格は、
・各国の規制
・開発者コミュニティの動向
・ハッキング
・どこかの国の通貨危機
・マイニング報酬の半減
に影響を受ける

またもうひとつのメリットとして、送金手段として優秀だという点がある
→送金手数料が安い(海外展開する企業にも大きなメリット)
→事業目的だけではなく、災害時の寄付金や海外のクラウドファンディングにも有用

まだ普及途上だが、買い物手段としても便利

<PART 2>
貨幣の信用性は、
金本位制の時代は金との兌換性
・いまの円やドルは発行国への信頼
ビットコインの場合は、偽造の不可能性・特定の国や企業の思惑に左右されないこと・上限が定められていることによる有限性

ビットコインは、サトシ・ナカモトの論文に興味を持ったコア・デベロッパーによりシステムが開発された
→コア・デベロッパーと主要なマイナーによるビットコイン・カンファレンスが数ヶ月ごとに開かれ、今後の方向性が議論されている
→ラディカルな民主主義、リバタリアニズムにも影響を受けている

2010年5月22日に1万BTC=2枚のピザで取引されたのが最初。
その後は続々と取引所ができる。

未承認のトランザクションを10分ごとに区切って承認していく
→個々のトランザクションは、ハッシュ関数によって暗号化される
→個々のトランザクションは、手数料の寡多によって承認の優先度が決められる(マイナーによる)
→現在45万個のブロックがあり、その順番を後から変更することは不可能。各ブロックはマイニングによって見つけられた鍵によってつなげられている。

2100万枚が上限で、2141年には打ち止め
→オリンピックの年に報酬が半減になると決められている

現状のビットコインの問題点としては、即時決済・スケーリング問題・クラウドマイニングがある

<PART 3>
ビットコインは、P2Pネットワークでの分散処理・ブロックチェーンの一方向性により、コピー・改ざんが原理的にできない

ビットコインのデータは、取引所が盗まれないように厳重に管理
送金中の抜き取りも、公開鍵暗号電子署名により阻止
取引記録が全て残るので、マネーロンダにも使えない

日本は資金決済法の改正によって①本人確認の徹底②預かり資金の分離が義務付けられた
→ここまで法整備が進んでいるのは、世界でも画期的
→また、消費税はかからない

<PART 4>
ビットコイン以外にも、イーサリアムやオーガーなど、用途に応じて様々な仮想通貨が現れている

<PART 5>
仮想通貨以外にも、元々金融機関が担っていた機能を、フィンテックのスタートアップが続々と担いはじめている