ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、日々の雑感、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

憲法と物語の関係

言葉が失墜、「物語」なき憲法論 寄稿、哲学者・國分功一郎:朝日新聞デジタル

 

哲学者・國分功一郎氏の寄稿。

さすがとしか言えない考察である。

 

憲法と物語の不可分性。

これは、何かしらの規則が制定されている組織すべてに当てはまると思う。

特に近年、オリジナリティ豊富な社内制度を立案するベンチャー企業が増えているが、それもこの物語との不可分性ゆえであるだろう。