ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、日々の雑感、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

宇野常寛『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』書評

宇野さん入門編といった感じの本。

他の著書でがっつり論じられているトピックが、講義形式でかなり噛み砕いて述べられている。

 

宇野さんの著書に慣れ親しんでいる人にとっても、復習という意味で有効。

また中には、少年誌論やオカルト論など、他の著書ではさらっとしか触れられていないテーマについて詳しく述べられている部分もあり新たな発見もあった。

 

カリフォルニアン・イデオロギーの時代だからこそ、かつての藤子F不二雄が持っていたような虚構的想像力が必要となる、そのことを再認識させられた。