ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

若林恵『さよなら未来』書評

なかなか読書に時間が割けない中、スキマ時間で読み進めてようやく読了。

 

とにかく心躍るエッセイ集。

多様なテーマを扱いながらも、その根底に貫かれる人文知への深いリスペクト。

「未来」「テクノロジー」「イノヴェーション」といった言葉への違和感。

 

人文知を基盤にビジネス・テクノロジーを考える。まさしく自分が目指していきたい姿そのもの。今後も定期的に読み返したい。

 

あと、『WIRED』のバックナンバーも読んでみたい。