ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、日々の雑感、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

伊藤穰一『教養としてのテクノロジー』書評

基本的なことが書かれていて、真新しい論点はなかった印象。

アンスクーリングの概念や、日本人がスケールを志向しない話などは興味深かった。

伊藤さんのがっつり書いた本も読んでみたい。