ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、日々の雑感、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

宇野常寛 編『PLANETS vol.10』書評

2〜3週間ほどかけて、大事に大事に読んだ。

 

「戦争→ランニング→都市」と主題が切り替わっていく美しさ、あえて議論を省略しない原稿のまとめ方、そして本書を通底する「遅いインターネット計画」。とにかく痺れたし、できるだけたくさん読まれてほしい。

 

「遊び」をアップデートできる人間になりたいと、強く思わされた。

ランニングももちろんだが、積極的に「遊んで」いきたい。