ひよっこ散歩帖

ライトな書評・映画評・ドラマ評から、日々の雑感、ちょっぴり腰を据えて考えたことまで。自分の文章で、誰かの世界の見え方をちょっとでも変えられたら幸せです。

上坂徹『書いて生きていく プロ文章論』書評

良書であると共に、考えさせられた本。

ライターとしてのスタンスや根本的なマインドセットが、わかりやすく書かれている。こうした本は定期的に読むべきだなと再確認した。

 

同時に、自分はやはりこの人のような「職業ライター」になりたいわけではないと再確認した。テキストを通じて、思想を伝えていく。それによって世界の見方を変えていく。

そうできるように、文章を書く部分はある種効率化し、自分のアップデートに専心せねばならない。